転職希望の女性必見!転職成功のカギはこれ!!
~world summit~

転職希望の女性必見!転職成功のカギはこれ!!~world summit~
  1. ホーム
  2. アパレル業界のバイヤーについて

バイヤーになるにはどうしたらなれる?

さて、最後になりましたが、みなさんが一番気になるポイント”どうやったらバイヤーになれるのか”ということについて、今回は話を掘り下げていきたいと思います。

バイヤーになるためには幾つかの方法がある

実は、昨今ではバイヤーを目指すために幾つかの方法があります。
従来の形、近年話題になっている方法と、バイヤーの形も様々になってきている部分もあるようです。

今でも、一番ポピュラーな方法は”マーチャンダイザー(MD)や商品企画から”バイヤーを目指すという方法です。
キャリアアップとして転職をするということですね。

マーチャンダイザーや商品企画の仕事をこなしていると、必然的にマーケットリサーチに携わってきますよね。
バイヤーとして必要な資質に関わりますので、これらのような職種において、ある程度経験をこなしてきていたり、実績を残していたりすると、バイヤーとしての道を開きやすいとされています。

アパレル店員からバイヤーへキャリアアップ

また、もう一つの方法としては店頭で接客をこなす”アパレル店員”からバイヤーへのキャリアアップです。
アパレル店員からバイヤーというと、ピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は一つの道として知られています。

その理由は違う記事でもご紹介しましたが、重大なポイントがあるのです。

一つは、店頭での接客経験から、顧客の傾向や好みなど、実際に現場にいなければわからない(数値では測ることのできない)感覚を培っていますので、どのようなものを消費者が欲しがっているのか、どういったものがこれから流行る傾向にあるのか、など、そういった機微に敏感になっている場合が多いのです。

そのため、販売員からバイヤーに転職を行い、その後大活躍するバイヤーが多いとされています。

そう考えてみると、バイヤーを目指すためにアパレル店員になるというのも一つの現実的なステップだということになりますね。
今からマーチャンダイザーや商品企画は難しいと思うのなら、まずは販売員からという道を考えてみてもいいのかもしれません。

アパレル系求人サイトの活用・個人バイヤー

販売員を目指す場合には、アパレル系求人サイト『RUN-WAY』などが使いやすく、質の高い求人を掲載されているため、とてもオススメです。

また、もう一つの違う道としてはソーシャルショッピングサイト『BUYMA』のような個人バイヤーを目指すのも手です。
フリーランスのマッチングサイトなどでも、この手の個人バイヤー募集というのを見かける気かも増えていますね。

過去にアパレル系の経験があれば採用される確率も高くなると思いますので、こういったところからバイヤー経験を積んでみるというのも一つの手となるでしょう。


画像出典元:https://twitter.com/buyma

バイヤーに必要な資質って?

ファッション業界において憧れの的となっている職種”バイヤー”ですが、一体どのようにすればバイヤーになれるのか、また、バイヤーになるにはどういった資質が必要となるのか、皆さんのご興味のあるところではないかなと思います。

そもそも、求人数自体もそこまで多くはありませんよね。
狭き門であることは何となく分かるけれど、では、どのような資質があればバイヤーになることができるのか。

具体的にバイヤーになるためのステップを踏む前に、まずはこのポイントを整理しておきたいと思います。

売れる商品を見極める力

これはどの業界にも言えることですが、バイヤーという仕事をこなす為に最も必要になる資質を挙げるとすれば、それは”売れる商品を見極める”ことではないでしょうか。
そもそも何のために買い付けに行くとかと言われれば、それは”売れる商品を買い付けるため”に他ならないのです。

しかし、ここが大変なところ。
自分の感性やセンスに任せて購入すれば売れるのかというと、決してそんな事はありません。

売れる商品を見極めるためには、自分自身のセンスも充分に必要になってくるのですが、アパレルならお洋服、靴、鞄、様々なカテゴリーのアイテムについて、幅広い知識、幅広い視野を持っていることが必要になってきます。

また、一目見た商品がどのようなアイテムか、作りはどうかなど、鋭い洞察力、分析力を用いて瞬時にジャッジを下していかなければなりません。
更に、それらの要素に加えて”時代の流れを読む力”も大切になってきます。

ただ目の前にある商品が素晴らしいかどうかを判断するだけでは、売れる商品を見極められないのです。
売れる商品=最高の商品ではありません。

そのため、トレンドリサーチ、マーケットの状況把握など、全てを頭に入れておく必要があるのです。
こういった力をどの程度持っているのかが、バイヤーとして活躍するために最低限必要な能力と言えるでしょう。

コミュニケーション能力

人とうまくコミュニケーションを取る能力、これも大切な要素です。
例えあなたが素晴らしいセンスの持ち主であったとしても、最後に必要となるのは相手との折衝です。
ここで話がまとまらなければ、結局何もできないのです。

そのため、円滑に関係を結べるようになるためのあなたの人間力、コミュニケーション力は日々問われるでしょう。
また、海外へも買い付けに行く機会があることから、一定レベル以上の語学力(英語)は必要になります。

もし語学力に自信がないのなら、バイヤーを目指す為に実力をつけておくことをお勧めします。

自社ブランドのみを買い付ける「外資系ブランドのバイヤー」

セレクトショップのバイヤーについて、先ほどはご紹介してまいりましたがいかがでしたか。
基本的には皆さんのイメージ道りのお仕事だと思いますが、企業体によってその性質であったり、業務内容が若干異なるということに関しては、意外と知られていない部分も多いと思います。

さて、今度は引き続き外資系ブランドのバイヤーの場合を、一緒にみていきましょう。

自社ブランドの製品を買い付けるのが『外資系バイヤー』の特徴

外資系だと「セレクトショップのバイヤーと何か違うの?」と、みなさんは率直な疑問をお持ちになるのではないかなと思いますが、これが結構違うんです。

外資系ブランドのバイヤーの場合は、基本的に自社のブランドの商品を、そのシーズン毎に買い付けをしていきます。

日本の市場に合わせて買い付けをすること自体はセレクトショップのバイヤーと大きな違いがないように思うのですが、購入する仕入れもとが自社ブランドのコレクションからという部分が一番の違いではないでしょうか。

また、マーチャンダイザーとバイヤーを兼任で行うというパターンが多いため、ただバイイングをこなすだけに業務が留まりません。
外資系で自社ブランドのコレクションとなれば、それこそパリコレやNYコレクションなどに赴いて、ショーやプレビューと呼ばれる内覧会を見る事になります。

それらの機会は大手の有名なブランドになれば、年に6回程度行われたりもするのです。
もちろん、行ったり行かなかったりということにはなりませんので、その都度出張ということになります。

買い付けに出張に行った際には、 買い付ける商品の種類、数量、店舗ごとの振り分けを全て考えて、滞在している数日の内にそれらを決定しなければいけない場合が多いので、一度にこなさなければいけないタスク、見ておかなければならない数自体も多いため、外資系ブランドに関して言えばバイイングの出張は極めてハードとなることが多いとされる理由は、こういった所にあるものと思われます。

ただ、フランスやイタリアなどで開催されるような展示会では、ワインやオードブルが来場者に振る舞われるケースもあり、独特の素敵な場を楽しむこともできるのではないでしょうか。

外資系ブランドバイヤーの転職における傾向

ファストファッション系の企業、ハイブランド系の企業によって、近年の日本市場では二極化される傾向が強くなっています。

転職活動で外資系バイヤーを目指すのであれば、どちらを選ぶのかによって、転職活動等の方向性も変えていかなければなりません。
特にバイヤーやマーチャンダイザーを日本において採用するケースが多いのは、ハイブランド系の方がニーズが高いようです。

ただ、求人数が全体的に少ないこと、英語力などの語学力が求められる事、過去の実務経験を求められることから、その門は狭いともされています。

店舗イメージに合わせ魅力的な商品を買い付ける「セレクトショップのバイヤー」

憧れの職種、バイヤー。
しかし一言でバイヤーと言っても、実はセレクトショップを主体とするバイヤーや、外資系専門のバイヤーなど、そのバックグラウンドによって、業務内容の一旦に違いが出てきたりするものです。

他の企業に転職した際、勝手が違うことに戸惑ってしまうケースも中にはあるようです。

そこで、今回はまず”セレクトショップ”のバイヤーについて、ご紹介をしていきましょう。

誰もが憧れる『セレクトショップバイヤー』

これぞアパレル業界の花形とも言えるほど、人気職業となっているセレクトショップのバイヤー。
ファッションが好きな人なら、一度はこのお仕事に憧れを持った経験があると思います。

自らの感性で自分のお店に好きな商品を並べる。
ある意味ではバイヤーによってお店のイメージそのものが変わってしまいかねない、それほどウェイトを占めているのがバイヤーという職種のポジションなのです。

セレクトショップで勤務しているバイヤーとなると、国内に留まらず、世界中を買い付けのために飛び回るような、そんなイメージを持っている方が多いと思いますが、基本的にはブランドや企業によってその性質がある程度異なってくる仕事とされています。

基本的な部分は、前述のとおり世界や日本の数々のブランド、展示会などを巡り、自社のイメージ&テイストにあったものを買い付けるということで間違いはないのですが、実際に幾つかの企業を回ってみる機会があれば、その業務内容の幅などに大きな違いを感じることとなるかもしれません。

基本的に経験者のみが求められる仕事

さて、今回のようにセレクトショップのバイヤーに話を絞ってみますと、例えば大きめの企業ではカテゴリー、つまり服やバッグ、シューズなどによって買い付け担当が異なっている場合があったり、小さめのブランドショップでは1人の担当者が全てのカテゴリーを任されているなど、どの程度の仕事をこなすのか、ということ自体が違っています。

また、買い付けに関しては基本的にシーズン毎に行いますので、年に最低でも2回。
通常は4回程度買い付ける場合が多いのではないでしょう。

そのシーズンごとに、世界各地の展示会を周り、決められた予算内において、チームを組んで買い付けする。
そういった流れを組むことが多いのが、セレクトショップのバイヤーの特徴です。

このようなお仕事ですが、実はセレクトショップでバイヤーをしている人の多くは、販売員出身というパターンも少なくありません。
基本的には経験者のみが求められるお仕事ですが、販売員として多数の経験を持っているバイヤーは、他のバイヤーと比べるとモチベーションも高く、良いバイヤーになることが多いというイメージもあることから、バイヤー未経験でも採用されることはよくあるのです。

雑誌などでよく見る”バイヤー”ってどんなことをするの?

ちなみに当サイトの管理人は、バイヤーの仕事をしておりまして。
需要があるのかわからないですが、せっかくこの職業に就いていますので、『バイヤー』の事について少し、解説しようかなと思います。
転職を考えているバイヤーの女性にとって少しでも役にたってくれたら嬉しいです。

バイヤーというお仕事に憧れをお持ちの方って、とても多いと思います。
特にアパレル業界のバイヤーと言えば、ファッション業界の憧れと言っても過言ではない、そんなレベルで人気のお仕事なのです。

ファッション雑誌などをチェックしていると、よく目にする言葉なので、最近ではアパレル業界を目指しているわけではない皆さんでも、なんとなくどういうお仕事をしているのか、ということもご存知かと思います。

でも「具体的にどういうことをしているの?」と聞かれれば、細かいことはイマイチわかりにくいのもこのお仕事の特徴です。
そこで、今回はバイヤーのお仕事内容や、その魅力について、掘り下げてみたいと思います!

アパレル求人でも人気のバイヤー、その仕事内容が知りたい!

さて、バイヤーというのは言葉の通りbuy(購入)をする人のことを指します。
アパレル業界のみに関わらず、販売・流通業界では欠かせない人材ですね。
アパレル、雑貨などに関しては、この人のセンス・感性によってお店の売上げ自体が左右されてしまうのです。

それほど重要な立ち位置のお仕事になりますので、単純に好きだからやりたいというレベルの思いではなかなか通らないかもしれません。
このお仕事をするにあたって、特別に必要となる資格などはないのですが、特別なセンスであったり、市場にあるニーズを分析・把握する能力など、そういった能力があるかないかを問われるのです。

バイヤーの具体的な仕事内容

さて、では具体的にどういうお仕事をしているのかもご紹介していきましょう。
いわゆる仕入れ業務を行うのが基本的な内容になるのですが、生産元となる場所に”これなら売れる”と思う商品を自分で判断し、買い付けます。

そして、それらの買い付けた商品を店頭に並べる。
これが一連のスパンとなります。

購入する商品が決まったら、仕入れ価格や市場価格から販売する値段を決定したり、他のスタッフ等に仕入れてきた商品のコンセプトやイメージを伝えたり、あるいは自分の感性に従って販売時の商品レイアウトまでを全ててがけることも少なくありません。

そもそも、仕入れるのは販売するためですので、仕入れてきた商品の魅力を誰よりも引き出すことがバイヤーというポジションの方には求められるのです。

また、仕入れる際には商品1点あたりの個数であったり、全体的なラインナップであったりも想定しながら購入していく必要があり、まさにその人のセンスが問われる瞬間と言えるでしょう。

これだけの重要な仕事をこなす必要がありますので、アパレル業界においてはまさに要といってもいい程の立ち位置なのです。

ファッション業界で憧れの仕事、バイヤー。
トレンドリサーチをしっかり行い、適切に買い付けを行うため、世界中を旅するという方も少なくありません。

一見ハードに見える仕事ではあるのですが、これほどやりがいを感じるものは、そう多くはないのではないでしょうか。
また、バイヤー以外も含めて詳しく知りたい場合は、アパレル業界への転職について説明されているサイトが参考になるでしょう。