転職希望の女性必見!転職成功のカギはこれ!!
~world summit~

転職希望の女性必見!転職成功のカギはこれ!!~world summit~

一番大切!自分を知る-自己分析-

転職で成功するためには、“自分がどんな人間で、どんな仕事に向いているのか”を知ることが大切です。
長所短所、これまでの経験などを振り返りながら、どのような職場で自分自身の才能が生かせるか、自己分析してみませんか?
自分の考え方や性格と、とことん向き合うことで、意外な夢が見つかるかもしれません。

自己分析の基本は書き出すこと

「自己分析なんてやったことがない」という女性の場合、何から始めて良いのか分からないでしょう。
そんな時は、とにかく自分自身についてのあれこれを書き出してみましょう
自分自身の性格についてや、学生時代に打ち込んできたこと、特技、趣味など、面接に関係なさそうなことでも構いません。

これらの項目を書き出していくことで、きっと共通点が見つかるでしょう。
「細かい作業が好き」
「人と話すのが得意」
「思い立ったら即行動できる」
「いつでもポジティブ」
など、自分の良い面を見つけることで、才能を活かせる職場像が見えてくるはずです。

実際の面接でも、この“個性”がとても重視されます。
形式通りのロボット回答ではなく、自分の言葉で自分について語れる女性は、企業にとって非常に魅力的なのです。

自己分析では、前向きな自分だけでなく、短所へもしっかり目を向けましょう。
履歴書へ短所を書く場合がありますが、この時ただ「気が短い」「消極的」などの単語だけで書いてしまうと、悪印象を与えてしまいます
ですが、
「短気な性格が短所のため、人の話を最後まで聞き、受け止めるよう努力しています」
「消極的な性格ですが、自分から挨拶をする、初めての相手へも声をかける、など、自分を変えられるような行動を目指しています」
といった言葉で、自ら克服しようとしている姿勢を見せれば、短所が長所へと変わっていくでしょう。

活かせるスキルについて掘り下げよう

女性の転職に欠かせない自己分析。
この作業を行っていく際に、忘れがちなのが持っているスキルや資格などです。
スキルや資格は「〇〇検定2級」「〇〇免許所持」のように、書くだけで終わらせがちですが、ここへ自己分析した言葉を添えると、がらりと印象が変化します。

「事務の仕事がしたいと考えパソコン検定を取得しました」
「英語力を生かした仕事に憧れがあったため、TOEICへ挑戦しています」
などの形で、持っているスキルや資格を何故取得しようと思ったのかまでを履歴書に書き込んだり、面接で受け答えしたりすることで、採用したい気持ちが高まります。

以上のことからも分かるように、面接では“模範解答”は求められていません。
採用の際一番重視するのは「人柄」だという面接官がほとんどですから、自分だけの良さや価値を自己分析で探り、存分にアピールすることが重要なのです。